数々の賞を獲得した人気車デミオ|【車査定ラボ】

数々の賞を獲得した人気車デミオ

数々の賞を獲得した人気車デミオ

マツダのコンパクトカーと言えば「デミオ」です。現在最も人気のあるコンパクトカー市場においてトヨタのビッツやホンダのフィット同様、高い人気を集めています。初代デミオは、フォードの傘下に入った翌月の1996年8月に発売されました。当時流行していた、ミニバンのコンセプトを備えたコンパクトカーとして登場したモデルは、コンパクトカーの中では最も背が高く、そして広大な室内空間の実現は世間をあっと驚かせました。その後幾多のマイナーチェンジを行う事で、使い勝手や安全性が向上するなど、日本カーオブザイヤーやRCJカーオブザイヤーを受賞するなど高い評価を獲得しています。

2代目はスポーティな人気モデル

2002年8月から登場した2代目モデルは、より広い室内空間と実用性を備える為にと、これまでのモデルの中で一番大きなボディーサイズと見た目もスタイリッシュな事が特徴です。又、エンジンでは1500ccと1300ccの直4DOHCそして新開発の「MZR」系エンジンに一新、日産との技術提携で実現したデミオ初となるe-4WDが採用されたモデルでもあります。初代と比較するとかなり上質でスポーティな印象は人気モデルとなりました。

これまでのデミオを払拭した3代目の登場

2007年7月から登場した3代目では、これまでの外観とはかなり異なり、見ただけで乗りたくなる個性的なデザインとなっています。又、ボディサイズは、全幅が僅かに拡大したものの、全体的にダウンサイジングする事で、よりコンパクトそしてスポーティーらしさを追求したモデルとなりました。さらには車両重量は先代モデルに比べ大幅な軽量化に成功、そして2011年6月にマイナーチェンジを行い、マツダ独自技術である「SKYACTIVテクノロジー」を導入した新開発エンジン「13-スカイアクティブ」の追加により更なる低燃費を実現しています。そして特筆すべきは、デュアルエアバッグとフロントサイドエアバッグ、4W-ABSやEBD、ブレーキアシストといった安全装備の標準化、カーテンエアバッグのメーカーオプション設定など安全装備に優れているのも特徴です。まさにエコと安全に取り組む時代に沿ったモデルでもあり、長期に渡り一定の人気を維持したモデルといえます。

マツダ最新の技術を搭載

そして2014年9月に登場した現行モデルでは、先に代表車種CX-5やアテンザ、アクセラで採用した、高評価のマツダ最新の技術「SKYACTIVテクノロジー」と新デザインのテーマである「魂動(こどう)」を満を持してデミオにも取り入れています。コンパクトでありながらボリューム感があり、さらには人気タイプSUVにも似た雰囲気があり、ユーティリティ性の高いモデルとなりました。そしてエンジンは1.5Lのディーゼルターボと1.3Lのガソリンエンジンを搭載。そして最大出力は105PS、最大トルクは250N・mと2.5Lガソリンエンジン車と同等の性能を実現しています。又、気になる燃費は1.5LディーゼルエンジンでJC08モードは、MT車が30.0km/L、AT車が26.4km/Lとハイブリットカー並みの低燃費を実現、さらなる注目を集める事になります。コンパクトカーでは唯一ディーゼルエンジンを搭載するモデルでもあり、経済性が高く、そしてパワフルな走りを実現しています。

気になるデミオの買取り価格相場

デミオは幅広い年齢層から評価が高く、中古車市場においても人気があります。特に3代目のモデルでは非常に多く、中々高額な買取りは難しい面があります。しかし、その中でも、2011年以降に登場したSKYACTIVを搭載グレードはノーマル車に比べて高い査定が期待できます。相場的には程度や走行距離にもよりますが、13-スカイアクティブなら70万円近い査定が出るケースは珍しくありません。又、現行モデルでは、13-スカイアクティブやXDツーリングなどのモデルでは100万円を超える査定が期待できます。この様に新車登録から2回目の車検を受ける前までのモデルであれば比較的高値で売却出来る確率が高いといえます。

少しでも高い査定を手にする方法

査定を依頼する際には、先ずは大手の買取店で査定してもらい、その後webサービスの中古車一括査定サービスを利用して複数の買取り店から査定を受ける事をおすすめします。これなら大手の買取店での査定を基準に各社と交渉する事が出来るからです。やはり1社のみですと、提示された査定額が適正なのかどうかの見極めが出来ないからです。一括査定サービスは無料で利用する事が出来る為、積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする