廃車にする車でも査定額はつくの?|【車査定ラボ】

廃車にする車でも査定額はつくの?

廃車にする車でも査定額はつくの?

「無料引き取り」は頼まないこと

エンジンが壊れて動かなくなった車や、ひどく破損してそのままになっている車。修理するよりもいっそ新しい車を買いたい……。通常は自腹を切って廃車にするしかないような、そんな車でも査定額はつくのでしょうか。

結論から言うと、査定額はつきます。

たとえば、新車で買った直後に事故に遭ってしまった車なら、意外なほど高値がつくことがあります。

そうでなくても、動かない車や破損した車には「中古車パーツ」としての需要があります。日本車が海外に普及して根強い人気を保っている現在、中古車パーツは国内のみならず海外とも盛んに取り引きされていて、品薄感があるのが現状です。

ですから「事故車・故障車を無料で引き取ります」と言う業者が現れても、それは親切でも何でもないので断りましょう。まして「処分に費用がかかる」と言う業者に預けたりしてはいけません。

廃車にする車でも、市場が求めているからにはお金に替えることができるのですから。

一括査定サービスの利用が便利

廃車寸前の車でも有利に引き取ってくれる業者がいるのは間違いないですが、そうした条件を引き出すには、複数の業者に査定を申し込む必要があります。でも、どんな所に頼めばいいのかわからないという時に便利なのが、やはり一括査定サービスを展開しているサイトです。

たとえば、カービューには「みんカラ下取相場」という事故車買取専用のページがあります。

一般の中古車査定と同様に、申し込みフォームに車両の種類と現住所の郵便番号を入力すれば、無料査定の申し込み手続きを始められます。

その時条件に合う査定業者が最大8社まで紹介されるので、そこから業者を選んで概算査定を依頼します。複数の業者が選べるので、1社ではなく必ず複数選びましょう。

申し込みが完了するとカービューから確認メールが届き、2営業日以内に、業者から電話またはメールで連絡が入るというしくみです。

複数の業者から見積もりを取ればどれくらいの値段での買取が可能かわかるので、あとは実際に査定を受けて交渉に入ります。

事故車の買取OKと明示しているサイトは、もちろんカービューだけではありません。どの一括査定サイトにも多数の業者が登録しているので、査定してくれる業者は見つかるでしょう。ただし、サイトごとに多少の特性の違いがあるので、まずはアクセスしてみて自分に合うかどうかを判断してください。

思わぬ高値がつくケースも?

そもそも、廃車寸前の車を高く買ってくれるのはどんな業者でしょうか。一概には言えませんが、直販機能を持っている買取業者の場合、自社で「売れ筋」と位置づけている車種には、高い査定額をつけてくる可能性があります。

また、買い取った車をオークションに出している業者の場合は、季節による相場の変動が大きいのに加え、予期しない形で特定の車種の需要が一気に高まることがあります。

そうした、いわば業者の都合によって、たとえ廃車にする車であっても高い値がつく可能性があるのです。

期待しすぎるのもよくないですが、「こんな車だから安くて当然」と思い込みすぎず、フラットな気持ちで査定を受けましょう。

また、廃車に伴って発生する重量税の還付金については、リサイクルを前提に買い取った業者が還付金の申請手続きを代行してくれることも覚えておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする