事故車でも高く売れる方法とは?|【車査定ラボ】

事故車でも高く売れる方法とは?

事故車でも高く売れる方法とは?

事故車だからとあきらめたら損をする

あなたは事故車と聞くと、どんな状態の車を思い浮かべますか?すでに修理が済んでいる車、傷やへこみが残っている車、それとも使い物にならないほど傷んだ車でしょうか。

もしかしたら、「自分の車は人にぶつけられたことがあるからもう事故車だ。査定に出してもまともな値段はつかないだろう」とか、「廃車にするしかないだろう」とあきらめている人もいるかもしれませんね。

でも、査定に出す前にあきらめてしまうのは早すぎます。その予想は、うれしい形で裏切られる可能性もあるからです。

言葉の上の意味では「事故や災害などに遭った車」はみんな事故車ということになりますが、車の査定の現場で採用している基準はそれとはちょっと違います。

自動車業界では、大きな事故に遭って修理済みの車は「修復歴車」と呼ばれます。

修復歴車とは、1997年に自動車公正取引協議会や日本自動車査定協会の機関が定めた基準によれば、「骨格(フレーム)部を交換・修復(修正・補修)した車両」のことです。

この修復歴車も、今は当たり前に査定の対象になっています。

事故車でも複数の業者に査定を依頼しよう

修復歴車という意味での事故車は、一般の中古車と比べると確かに査定額が下がりますがちゃんと需要があります。

一括査定サイトにアクセスしてみるとわかりますが、車の状態を申告するフォームに任意で事故歴を書き込む欄があったり、一般の中古車とは別に、事故車専用の査定申込みページを設けているサイトなどもあります。また、事故車を専門に買い取っている業者も存在します。信頼できそうな所を選んで、ぜひ査定を申し込んでみましょう。

この場合も大切なのは、必ず複数の業者に見積もりを依頼することです。

業者によって査定の幅が生まれるのは、事故車の場合でも全く同じなので、1社だけで決めてしまうのは得策ではありません。

事故歴があっても事故車扱いにならないことも

また、知識としておさえておきたいのが、修理歴に関することです。

修理歴車というのは、車の骨格部に拘わらない部分の修理を行った車のことで、修復歴車とは違った扱いになります。

たとえば、接触事故に遭ってボディの塗装をやり直してあったとしても、それは修復歴車ではないので事故車とはみなされません。

骨格部からボルトではずせるものを修復・交換した車は、あくまでも修理車の範疇に入るからです。

その場合は、修復歴車より高い査定額がつきやすいことを覚えておきましょう。「軽いキズやへこみがあっても、軽度の修理で直るものは事故車に該当しない」と明記している査定サイトもあります。

誤解されては困りますが、これは「事故歴を隠しましょう」とすすめているわけではありません。自分で事故歴を把握している場合はもちろん、買取業者にきちんと告知する義務があります。

一見跡形もなくきれいに修理されていても、査定のプロは見抜く目を持っています。また、数は少ないですが、一度見落とされて後になって修復歴がわかるケースもあり、契約後に発覚するとペナルティの対象になるので気をつけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする