ローンの残債ありの車でも売ることができるのか?

ローンの残債ありの車でも売ることができるのか?

ローンが残っている車は売れるのか

車を乗り換える時、もしくは売る時に乗っているクルマの金額というのはとっても重要なところであると思います。高く売れたほうがいいに決まっています。ただし、どんなに高く売れたとしても、その金額通りに売れないことは多々ありますが、そのひとつがローンの残債がある場合です。一括で買っている人、もしくは完済している人に関しては問題ないでしょうが、中にはローンが終わっていないまま何らかの事情により乗り換え、もしくは車を売るという人も少なからずいらっしゃると思います。そんな時、車の査定というものには響いてくるのでしょうか。

基本的には査定金額は同じ

それに関してですが、基本的には残債があろうがなかろうが車の査定金額というものは全くと言っていいほどありませんし、残債が残っているからといって査定額が安くなるというようなことはまずありません。もしそういった理由により査定金額を下げるような業者がいれば、はっきり言ってその業者はインチキだと思っていいと思います。

また、これも当たり前ですが、残債が残っている場合は当然ながら査定額と残債が相殺されます。150万の車を一括で買って売る時に50万ならそのまま50万ですが、ローンで買った場合でまだ残債が30万残った状態で50万の査定額とすると、50-30で結果的に20万ということになります。

もちろん残債を一括で払ってしまえば査定額がまるまる入りますが、どちらでも結果としてはおなじなので、相殺する人がほとんどであると思います。

ただ、残債が査定額を少し上回る場合などは交渉で残債と査定がプラスマイナスゼロになるように査定額を引き上げてくれる場合も結構あります。

なので、場合によっては残債がある方がかえって査定額が上がることもあります。(ただしあくまで相殺なので、お金が入らない分お得感はないかもしれませんが・・)

金額は変わらないが、手続きが面倒

残債があるとむしろ面倒なのは手続きの方であるといえます。銀行、信金以外の販社系のローンを組んだ場合は「所有権留保」といって車検証の所有者の欄にその販社の名前が入り、乗っているのは買った人でも、所有はローンが完済するまでその販社が持つことになり、勝手に売ろうとも売ることができません。

また完済したあとも「所有権解除」の手続きをせねばならず、それには販社の委任状や印鑑証明が必要となってきます。引越しなどで以前車を買った店から遠く離れてしまった時などは郵便でこれを取り寄せるのも一苦労です。

もし面倒だと思うなら一括して業者にお任せすると良いでしょうが、手数料などもかかるので、要注意であると言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする