一括査定のメリット、デメリット|【車査定ラボ】

一括査定のメリット、デメリット

一括査定のメリット、デメリット

一括査定のメリットとは

○少ない手間で複数の業者とコンタクトがとれる

売却のために車の査定を依頼する場合、交渉を有利に進めるためには、複数の業者にあたるのが常識です。自分で1社1社当たる方法もありますが、それではかなりの時間や労力がかかり、業者の選択肢も限られます。
その点、一括査定サービスを利用すれば、ごく短時間の1回の手続きで複数の業者に査定を申し込むことができて便利です。

○レスポンスが早い

一括査定サービスに参加している業者はほぼ例外なく、レスポンスの早さに定評があります。
依頼者が複数の企業に査定依頼をすることが前提なので、業者としてはできるだけ早く連絡して実車の査定に持ち込みたいのです。早ければ申し込み直後に連絡が入るという声も聞きます。売却を急いでいる人にとっては心強いといえるでしょう。

○ニーズのある業者と出合いやすい

一括査定を利用した人の体験談を読むと、下取りでは値段がつかなかった車を売却できている例もしばしばみられます。
一般の人やディーラーから見れば値段がつかないと思われる車でも、価値を見出してくれる査定業者は案外あるものです。
その業者に販売力がある場合、たとえば豊富な販路を持っていて売却する目星がついている場合などは、古い車でも事故車でも値段がつくことは珍しくありません。

車は、廃車にしようとすると手続きにお金がかかります。つまり、ディーラーで引き取ってもらえない車を自分で廃車にすると、手続き費用でマイナスになってしまいます。

しかし、たとえ数万円の買取価格でも売ることができれば、廃車の費用も浮いて、総額ではそれなりのプラスになるわけです。
「数万円のためにわざわざあちこちの業者にあたって相見積もりをとるのも面倒だ」とためらう人も、手続きが簡単な一括査定サービスならハードルが低いといえるでしょう。

一括査定のデメリットとは

○電話がどんどんかかってくる

一括査定を申し込んだ時に避けられないのは、複数の業者からどんどん連絡が入ることです。「こちらの都合で電話を受けられない時も、電話に出るまで何度もかけ続ける営業マンもいる」という話も聞きます。

中古車売却の初心者や、押しに弱い人は、よくわからないまま、相手のしつこさや勢いに負けてしまう恐れもあります。
電話で困らないための予防策としては、まず、一度にたくさんの業者に頼みすぎないことです。たとえば最大10社まで依頼できるとしても、自分が対応できる範囲を考えて数を絞るといいですね。

また、一括査定サービスの中でも、かんたん車査定サイトには優良店の証となる「JADRI」の会員だけが登録しているので、各社が強引なセールスを自主規制していると思われ、比較的安心といえるでしょう。

どうしても電話に出たくない、メールの連絡のみに絞りたいという場合は、管理体制の厳しいカーセンサーから申し込めば、希望がほぼ叶うようです。

○どんな担当者がつくかわからない

効率がよく便利な一括査定サービスですが、口コミサイトなどでは買取業者に対してさまざまな評価があり、読むとちょっと不安を感じる人もいるかと思います。

注意したいのは、「その情報がいつのものか」ということです。悪評の多い業者も、よく見ると何年も前の書き込みだったりするので、現在は改善されている可能性もあります。

また、どんな会社や店舗であっても、担当者レベルで対応に違いが出てくることは避けられません。どこの業者にも、人柄・能力ともに優れた担当者もいれば、そうでないスタッフもいます。ですから、○○という会社(店舗)はいいとかダメだとか、ひとくくりにして考えないことです。個別に査定を頼んでも一括サイトから頼んでもそれは同じです。

見積もりの連絡を受けた時、もし担当者の言葉や態度にひっかかるものを感じたら、査定は他のもっと信頼できそうな業者に頼むなど、自分の感覚を大切にすることも必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする