ハイブリット車一番人気トヨタプリウス|【車査定ラボ】

ハイブリット車一番人気トヨタプリウス

ハイブリット車一番人気トヨタプリウス

プリウスの歴史

プリウスは数多くの日本車の中でも特にメジャーであり、そして世界的な人気を誇るハイブリット乗用車となっています。このプリウスのプロトタイプが開発されたのは1995年であり、第31回東京モーターショーに展示される事によって初めてのお披露目となりました。

「人と地球にとって快適であること」という当初掲げたコンセプトに基づいて、環境問題などに配慮し、低燃費・低コストを重視した設計思想によって、大きな注目を集めました。電動パワーステアリングや高性能熱線吸収ガラス、電動コンプレッサーエアコンシステムなどの搭載も、こういった設計に反映されています。

このプロトタイプで得た技術を基にして、1997年に世界初の量産ハイブリット自動車「NHW」が製造・販売され、プリウスとしての最初の成功を収めました。

プリウスの従来のモデルと最新のモデルの比較と特徴

プリウスは、そのコンセプト自体が環境に配慮し、低燃費化を目指したハイブリット自動車だけあり、他社の車メーカーと比較しても、優秀なランニングコストを誇ります。1997年に発売された初代モデルの燃費は、燃料消費量が28.0km/L、2003年モデルの燃費は29.6km/L、2009年モデルの燃費は32.6km/L。

そして最新モデルが40.8km/Lであり、年を重ねていくごとに低燃費化が大きく進歩しています。2代目と3代目で採用されていた6ライトのサイドウィンドウは、最新モデルでは先祖返りして再び4ライトとなっているものの、Cピラーが外されているため、ウインドウがリアハッチの方まで流れて続いているかのような美麗なデザインとなっています。

また、新型モデルでは、シフトノブの位置が、従来モデルよりも水平方向に変更され、より扱いやすくポジションチェンジされているのが特徴。

プリウスを高く売るためには

今現在、プリウスは最新モデルの4代目が発売されたばかりですが、従来モデルである3代目なども未だに高い人気を誇っており、中古車市場などにも数多く出回っています。そのため、近所の買取店や、ディーラー等で下取りで出そうとしても、相場よりも大きい値段で買い取ってもらうのは難しい状況です。

この事をきちんと念頭に置いたうえで、一括査定サイトなどのインターネット上の査定評価サービスなどで市場の動向を逐一チェックしましょう。近年は上場企業などが積極的にこういった車の一括査定サービスを提供しているため、最も高値で売れる販売店を探す手間が大きく省けます。

特にプリウスの場合は、中古車が溢れている状態で、市場内での値崩れが起こりやすいという特徴があるだけに、相場変動を監視する事は重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする