車を見極めるプロ、中古自動車査定士とは?

中古自動車査定士とは

中古自動車査定士技能検定を合格して、その技能検定に基づいて中古自動車を査定、取り扱いを認められている職業のことを指します。

中古自動車査定士技能検定では、小型と大型の技能検定があるが、一般的な中古自動車査定士は小型の検定を取得することでうんようすることができます。
自分の大切な自動車を買い取っていただく際に、必ずお世話になる中古自動車査定士ですが、どういったお仕事を、どういった流れで行っているのでしょうか。

よく中古車ディーラーでは、担当の方が中古自動車査定士のパターンが非常に多いですね。まず、営業の担当と中古自動車査定士を二つを一人の人間が行うことで人件費のカットがなされています。

昔だと、出張費がかかったり中古自動車査定士というのはある程度の人ではないと認められないことから、査定するにも無料ではなく手数料がかかり、その手数料がかかる中古車ディーラーで買い取ってもらうということにより相場の把握や他の店舗の査定額を確認することができませんでした。

しかし、最近の多角化に伴い、人件費を抑える代わりに中古自動車査定士を営業もできるように工夫を凝らす形となりました。
では、中古自動車査定士自体の仕事内容はどんなものなのでしょうか?

中古自動車査定士の仕事

一般的には、中古自動車査定士技能検定に基づいた内容を行うことができ、買い取る、下取りを行う車両の外見上の状態、傷や色の落ち具合や、車内の装備、パネル類の傷等を査定して、年式、走行距離等と照らし合わせてどの相場で取引するかの駆け引きする仕事なんですね。

営業と内容が変わらないもので、裏をかけばより安く買い取ることで店の利益にもなりますし、下取りのみ高く設定することで車両を購入までの契約に繋がるかもしれない、そういった相場を決めることができるのが中古自動車査定士ですね。

大きい中古車専門店では本部に相場のデータがあり、それを元に状態の確認で減額を行ったりしています。
しかし、あくまで外見状の査定のみなので、修復歴の有無関係なしにフレームの状態や、車の内面のことは直接触れることができない仕事でもあります。

中古自動車査定士の査定以外の仕事

その他、中古自動車査定士では、オークション会場での出品、営業関係の契約等幅広いスキルを要することがあります。
また、中古車ディーラーのサービスで、最近では無料出張査定を行っていることもあり、より中古自動車査定士としてのスキルを必要となってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする