所有権が自分にない場合は売れないか?|【車査定ラボ】

【車査定ラボ】所有権が自分にない場合は売れないか?

【車査定ラボ】所有権が自分にない場合は売れないか?

車の所有権を再確認しよう

車を売りたい時に、確認しておきたいことのひとつが、「その車の所有権が誰にあるか」ということです。

大半の人はきちんと把握していると思いますが、中には「自分で買って自分が乗っている車だから自分に所有権があるに決まっている」と思い、確認していない人もいるかもしれません。しかし、必ずしもそうではないのです。

車をキャッシュで買った人やすでにローンを完済した人は、当然ながら買った本人に所有権があるので、ここでは除外します。

しかし、ローンの支払いがまだ残っている場合は、自分にその車の所有権がないことがあるのです。それは信販会社やディーラーのクレジットを利用している場合です。その場合は、信販会社やディーラーの名義になっているのが普通です。

それに対して、銀行系の自動車ローンなどを利用している場合は、ローンの支払いが残っていても自分の名義になっているはずです。この場合は残債があっても普通に売却することができます。売却に当たっては、もちろんローンの残額をきちんと清算する必要があります。

所有権が誰にあるかを確認したい時は、車検証の「所有者の氏名または名称」の欄を見ればすぐにわかります。

所有権がない車を売りたい時は

ローン返済中で自分に所有権がない場合、その車を売ることができるかというと、そのままでは売ることができません。

その場合は、ローンの残りを完済するか、ローンを銀行系のものに組み替えるなどして、一度清算する必要があります。それにより、代金を全て払い終わった形にして所有権を自分に移すわけです。この手続きを「所有権留保の解除」といいます。

言葉で言うと簡単ですが、実際問題として、「ローンを完済できるだけの現金を用意できない」「どうすればローンの組み替えができるのかわからない」といった悩みを抱えている人もいることでしょう。

そうした場合は、大手の買取業者を売却先に選ぶと便利です。大手の場合、ローンの残債がある車を売りたい人のために用意された各種のサービスがあるので、手続きを自分で行う場合よりずっと負担が軽減されます。

ローン残債に関するサービスとは

大手買取業者では、ローンの残債のある車に関して次のようなサービスを用意しています。

・ローン残債サービス

車の売却代金よりローンの残債が少ない場合は、代金から残債分を差し引いてから振り込んでくれます。

車の売却代金よりローンの残債が多い場合は、差額を支払うか、またはその金額で買取業者が用意したローンを組むという方法で売却できます。

・手続き代行サービス

所有権が自分にない場合、所有権留保解除の手続きはかなり煩雑ですが、その手続きを始め、車の売買にまつわる手続きを無料で代行してくれることがほとんどです。

こうした便利なサービスが用意されているのが大手買取業者のメリットですが、しかし、大手ならどこでもおすすめというわけではありません。

その中でもやはり、高値で買い取ってくれる業者を選ぶことが大切です。高額査定が実現すれば、ローンの残債との差額分を差し引いてもかなりのプラスになったり、清算のために支払う金額を予想以上に減らせるなど、よりメリットが大きくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする