ディーラー下取りと一括査定買取の違い|【車査定ラボ】

ディーラー下取りと一括査定買取の違い

ディーラー下取りと一括査定買取の違い

下取りは手続きが楽だがあまり高値は望めない

車を売却する一般的な方法としては、買取と下取りがあります。

現在持っている車を、新しい車を購入する販売店に引き取ってもらうのが下取りです。その中でも、自動車メーカー系の販売店に引き取ってもらう場合を指して、ディーラー下取りと言います。

その場合、古い車の売却と新しい車の購入、両方の手続きを同じ店で済ませることができるので効率的です。

また、購入する車の値引きがあまりできない分、下取り価格を高めにして埋め合わせてくれるケースもあります。

別々の業者で売却と購入の手続きを行うのが面倒だという人には良い方法でしょう。

しかし、ディーラーの場合、いわゆる中古車買取・販売業者とは車を評価する際のスタンスが違います。

買取業者は「車を買って売る」のが商売なので、常に良い中古車を求めていて、需要の高い車に対しては高額査定が出やすい傾向があります。1台の車に対して何社もの業者が競う「一括査定買取」であれば、なおさらその傾向が強まります。

それに対してディーラーは「車を売る」ことに重点を置いていて、下取りはサービスの一環として行うという意味合いが強くなります。ディーラーを利用する人たちも、どちらかというと「新車の値段には強い関心があるが、下取り価格にはそれほどこだわらない」という人が多いのです。

そのため、ほとんどの場合、買取業者で提示される査定額と比べると安い下取り価格になります。

そして、他店で高い査定額が出たことを伝えても、ディーラーがそれに合わせて下取り価格を上げてくることはまずありません。

買取業者ならプラス査定をしてくれる人気の高い車種、装備であっても、下取りではそれほどプラスの評価が得られないこともあります。

ただし、時期によっては、販売キャンペーンなどに合わせ、自社の車を積極的に売るために査定額に色をつけてくれるような場合もあります。

いずれにしても、買取価格重視の人は、最初から下取りに決めてしまうよりも、中古車販売店や買取専門店にも査定を依頼して、専門知識のあるスタッフに車の市場価値を評価してもらうことがおすすめです。

一括査定買取は高値も期待できるが、一定の条件あり

ディーラー下取りではなく、買取業者に車を売却したいと思った時に便利なのが、一括査定による買取です。

その場合は、ネットの一括査定サービスを利用して、複数の業者に査定を依頼し、その中で最も有利な条件の業者に売却するという手順になります。

下取りの場合よりも少々手間がかかるのは確かですが、自分から何軒もの店舗を回ったりする必要がなく、効率的に査定額を比較できるので、お勧めの方法といえます。

また、買取だけでなく中古車の直販も行っている業者だと、そこで次の車を購入する場合には「乗り換えサービス」ということで、いろいろと便宜を図ってくれます。

ひとつ注意したいのは、単独査定・一括査定に関わらず、買取業者に依頼する場合は、査定が出たらなるべく早く売らなければいけないということです。

ディーラーだと多くの場合、新車の納車まで下取りを待ってくれるのですが、買取業者の場合はそうはいきません。

これは、中古車相場が常に変化しているためです。査定が出てから、遅くとも1~2週間以内に売ることができないと再査定となり、せっかく勝ち取った査定額が下がってしまうこともあります。また、売却時期をあいまいにしたままで査定を受けると、最初から低めの査定額しかつかない場合もあります。

とはいえ、「新しい車が納車されないうちに今の車を売ってしまい、車が使えなくなるのは困る」という意見ももっともです。

そうしたニーズをふまえて、買取業者によっては次の車が納車されるまで代車を無料で貸してくれるサービスもあるので、交渉時に確認し、そうした条件面も含めて売却先を検討するといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする