車の確かな相場を知る方法とは?|【車査定ラボ】

車の確かな相場を知る方法とは?

車の確かな相場を知る方法とは?

まず、査定価格には幅があると知っておく

車を手放そうと考えている人、今すぐではなくても売る可能性のある人にとって、まず気になるのが、どれくらいの価格がつくか?ということでしょう。そして、大切に乗ってきた車であればあるほど、できるだけ高く売れてほしいというのが本音ですよね。

自分の車がどれくらいの査定額になるか、つまり買取の際の「相場」を知るにはどうしたらいいのでしょうか。

相場を決める一般的な目安として、年式と走行距離があります。

一般に、新車登録してから8年以上経過した車や、走行距離が5万キロを超えた車は、査定額が下がると言われています。

しかし、もちろん、年式と走行距離だけで価格が決まるわけではないので、「自分の車は5万キロ以上走っているから安い値段しかつかない」などと単純に判断することはできません。

また、同じような年式、走行距離であっても、メーカーや車種によって相場が違ってきます。

基準となる要素はそれ以外にもいろいろあるので、自分で高値がつくと思っても実際はそうでもない場合や、その逆の場合もあります。

「このクラスのこういうスペックの車なら、査定価格の目安はこれくらい」という大まかな情報なら、買取業者のサイトで事例を見たり、質問サイトなどを利用すれば、ある程度の情報が得られますが、正確な相場を知るには、やはり専門知識を持った人に査定を受けるのが一番です。

複数業者の査定を受けるのがお勧め

査定を受けて相場をつかむには、次の3つの方法があります。

1)ディーラーに下取りを依頼する

所有する車を扱っているディーラーに、必要な情報を伝えて下取り価格をたずねれば、教えてもらえます。ただ、後で述べる2つの方法に比べて、高い価格がつくことは期待できません。

2)買取業者に査定を依頼する

買取業者の査定を受ければ、買い取ってオークションに出品している業者ならオークションでの落札価格を基準にして査定を行っているので、提示された金額からだいたいの相場がわかります。

また、直販を行っている業者なら、販売価格を基準に査定を行っているので、やはりそこでの相場がわかります。

ただ、たとえ同じ業態であっても、業者によって査定価格には幅があるので、1社だけの査定で判断しないようにしましょう。

3)一括査定サイトを利用する

自分で複数の業者を当たってもいいですが、できるだけ手間をかけずに多くの業者に査定を受けたいという場合は、一括査定サイトを利用すると便利です。

一括査定サイトには数多くの買取業者が登録しているので、その中から自分で複数の業者を選んで査定を依頼することができます。

中には、必要事項を簡単に入力すれば、オンライン上ですぐに概算価格が提示されるサイトもあります。

実際の査定結果には当然ばらつきが出てきますが、総じて自動車メーカーのディーラーの下取り価格よりも高い査定額になることが多いようです。

査定額の幅は、数万から、場合によっては数十万まで生じることもあるようですが、要はその範囲内の金額が買取価格の相場であると判断できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする