車売却の手続きの仕方について。査定~入金まで|【車査定ラボ】

車売却の手続きの仕方について。査定~入金まで

車売却の手続きの仕方について。査定~入金まで

車を売却する時の手続きの流れは、一般的には次の通りです。

車の売却のみを行う場合

1)複数の業者に概算査定を依頼する
個別に依頼する場合は、電話やメール、HPの査定申込みフォームなどから依頼します。
一括査定サイトを利用する場合は、サイトに設置された査定申込みフォームに必要事項を入力して査定を依頼します。

2)査定を依頼した中から業者を絞り込む
自分に合うと思われる、有利に引き取ってくれそうな業者を複数選び、正式な査定(実車査定)を依頼します。

3)売却に必要な書類を用意する
全ての業者の査定が終わる前に、必要な書類を用意しておきます。一般的に、普通自動車の売却では次のような書類が必要になります。軽自動車の場合はこれと少し異なります。
詳しくは「車を売却する際に必要な書類」のページをご覧下さい。

普通自動車の売却に必要な書類

1.自動車検査証
2.印鑑登録証明書
3.自賠責保険証明書
4.自動車納税証明書
5.実印
6.振り込み先の口座がわかるもの
7.リサイクル券(預託済みの場合)
8.譲渡証明書
9.委任状

1~7は自分で用意します。
8と9は、多くの場合、業者側が用紙を用意しています。契約時に店舗で作成します。
必要書類は、契約前に改めて業者に確認しておくと安心です。

4)売却先を決定する
最も良い条件を提示した業者に、売却する旨を伝えます。
売却先を決めたら、査定が出てからなるべく早く契約することが大切です。なぜなら、中古車の相場は常に変化するものなので、売買契約を結ぶまでにあまり時間がかかると、査定のやり直しとなり、買取額が変わる(下がる)可能性があるからです。

5)契約手続きを行う
用意した書類を持参し、店舗で売却契約を結びます。

6)買取業者から入金
契約手続きが終わり、車両の引き渡し、名義変更書類の引き渡し、ローン残金の支払いなどが全て終わったことが確認された後、契約時に定めた支払期日に売却金額が振り込まれます。

乗り換えの場合

現在の車を売却して新しい車に乗り替える場合は、次のような手順になります。

1)新しい車の選定と現在の車の概算査定の依頼
購入する車を探すとともに、電話やメール、サイトの申し込みフォームなどで、複数の業者に現在の車の概算査定を依頼します。

2)販売店に下取り価格の見積もりを依頼する
新しい車を購入すると決めた販売店に、現在の車の下取り価格を見積りしてもらいます。

3)査定を依頼した中から業者を絞り込む
おおまかな査定を依頼した買取業者の中から、2,3社に絞って実車査定してもらいます。

4)購入に必要な書類と売却に必要な書類を用意する
売却に必要な書類は「車の売却のみの場合」を参照してください。購入に必要な書類については、購入する販売店に確認してください。

5)売却先を決定する
車を購入する販売店の下取り価格と、実車査定を受けた業者の査定額を比較して、最も良い条件のお店で売却契約を結びます。
販売店とは別の業者に売却した場合は、金融機関に買取金額が入金されます。下取りを選んだ場合は、その分の金額が新しい車の購入価格と相殺されます。

6)新しい車の売買契約を結ぶ
販売店で新しい車の売買契約手続きを行います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする