静粛性が高い高級ミニバンヴェルファイア|【車査定ラボ】

静粛性が高い高級ミニバンヴェルファイア|【車査定ラボ】

静粛性が高い高級ミニバンヴェルファイア|【車査定ラボ】

ミニバンながら静粛性に優れた車

トヨタ ヴェルファイア Z”G EDITIONは、余裕で大人が7人乗れるミニバンです。リッターあたりが12.4km走ることができ、ボディのカラーが艶と深みのあるカラーがとても高級感を醸し出すトヨタの車なのです。

パノラミックビューモニターでは見やすい透過表示映像となり、自分の目で見れない場所から広範囲にわたり、しっかりと後方を確認できるのが便利です。また、ドアはウェルカムパワースライドドアを採用しているので、実に大きく、快適にドアを開けては乗り降りができるので安全です。ロックは予約ができるから、ますます自分の都合に合わせて開閉ができ、鍵をいちいち取り出す必要がないんです。

インテリジェントパーキングアシストは自動で車を駐車したい位置を把握してくれるから、簡単な設定で軽々大きな車体もぴったりと駐車できるのも魅力的です。

レーダーで前方の車との車間距離を確認しては追従走行ができるレーダークルーズコントロール機能は、夜間の前方が見えにくい時の走行におおいに役立ちます。

このトヨタのヴェルファイアのハイブリッド車なら、リッターあたり19.4km、ヴェルファイアのGASタイプならリッターあたり12.8km走行することができます。

エコカー減税の対象となり、エンジンは排出ガス再循環ができるシステムで、とても走行もクリーンにできます。VVT-iでより高速道路でも滑らかな走りができ、静粛性の高いバランスシャフトで走行音も低いのがより快適ドライブを楽しめるところです。

室内を広くするために、ニッケル水素バッテリーをフロントシートの下に移動させてあるので、より広々とした空間を楽しめる車です。

ヴェルファイアの悪い点

ミニバンとは言えども、その車体が大きいだけに、どうしても加速する時の遅れが目につきます。傾斜のきつい道では、どうしても後ろの方に重心がかかる感じとなり、その重さでよりガソリンがかかってしまいます。

少しフワフワとした走りが目に付き、ドアを開閉する時の音が気になるという人が多い特徴があります。革でもちょっと質が悪いというところがあり、切れ角のハンドルの少なさや小回りがききにくいという悪い点があります。燃費が悪いのも難点です。

高額査定にするポイント

トヨタのヴェルファイアは、元々が人気の車ですから、その査定額は高いのが魅力的です。査定できるサイトをいくつかピックアップし、そこで査定をしましょう。お勧めは、「ズバット車買取比較」や「かんたん車査定ガイド」「カービュー」です。より高値になるサイトを選び、そこでもっとも高い査定額を掲示する買取業者を選ぶのです。そして、交渉をして、その価格を自分で吊り上げればいいのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする